クレジットカードと貸金業法規制について

クレジットカードに付随しているキャッシングサービスやローンサービスを利用する場合、貸金業法規制に伴って、クレジットカード会社が利用者の年収を確認するという手続きがある。したがって、クレジットカード会社のキャッシングサービスやローンサービスを利用すると、何日かしてから郵便物が自宅に郵送されてくることが多い。そのクレジットカード会社からの郵送物の内容は、利用者の年収を確認するための書面を返送してほしいといったものであり、源泉徴収票などの利用者の年収を照明する書類と、運転免許証などの本人確認資料を同封して返送するように指示がなされている。そして、期限内に書類を返送しなかった場合は、キャッシングサービスやローンサービスの利用を制限するかもしれないという注意書きが書かれていることが多い。そして、各クレジットカード会社がそれぞれに同じような手続きを行うため、各社に一回一回書類を送付しなければならず、やや手続きが煩雑である。そして、この手続きのやや分かりにくいところは、必要な書類を郵送した後に、それをクレジットカード会社が確認したかどうか、また確認して利用枠としては引き続き利用可能との判断をしたのかどうかということが利用者には分からないという点である。利用できているから、利用可能ということなのかもしれないが、利用者から煩雑な手続きを行っているわけであるから、それに対する返答を郵送で通知するべきなのではないだろうか。

ベンツ 修理 大阪

採用情報やアウトソーシング情報

着物買取のことなら福ちゃんへ

不用品処分を芦屋でお探しですか

メンズのコートをこの通販サイトで購入しました。